Amazonのスマートスピーカー「Echo」が日本上陸!

 Amazon.co.jpは、スマートスピーカー「Amazon Echo」を発売。11月13日(月)の週より順次発送する模様です。

 発売する製品は以下のようになっています。

製品名 サイズ(幅×奥行き×高さ/重量) 価格
Echo 標準(148x88x88mm/821g) ¥11,980
Echo Dot 小型(84×84×32mm/163g) ¥5,980
Echo Plus 大型(84×84×235mm/954g) ¥17,980

 と、全部で3種類用意されています。

 この製品では具体的にどのようなことができるのかというと、クラウドベースの音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」に話しかけて、ニュースの読み上げや好みの音楽の再生など、他にも様々なことができます。

 今回は、この3製品の中でどれを選ぶのが良いのか、その特徴を踏まえてをご説明します。

 それでは3製品の詳細を見ていきましょう。

Echo

 こちらは標準サイズで、3つの製品の中でも真ん中の標準的な機能が付いた製品となる。

 高機能スピーカーが付いており、Dolbyの音声技術によってさらに良い音声を楽しむことができる。

 こちらの製品は一番スタンダードなので、スマートスピーカーを使ったことない方や後述のEcho Plusほど機能が不必要である方はベスト選択といえるだろう。

Echo Dot

 こちらは3つの製品の中で一番コンパクトですがスピーカーを内蔵しています。

 重量も非常に軽く、他の2つの製品は900g近くあるのに対して163gと、約5~6倍軽くなります。

 外付けスピーカーも接続可能 かつ 小型 という特徴を利用して、方法によっては非常に便利な製品だと思います。

 標準のEchoと比較するとスピーカーが違うのみで、他の機能は特に変わりありません。

 小型なので、もちろんスピーカーは0.6インチの(高機能ではない)通常のスピーカーとなります。

 こちらの製品は “コンパクト” というのが一番の特徴だと思います。

 野外への持ち運びが便利だったり、場所をとらないのでちょっとしたスペースにも置くことができるので使い方次第で非常に便利な製品だと思います。

Echo Plus

 こちらは全ての機能が利用できる一番高価なモデルです。

 標準のEchoと比較するとスピーカーがさらに高機能化したのと、スマートホームに対応しているという2点変化があります。

 スピーカーの高機能化はイメージがわきやすい思いますが、スマートホームとは何か、ピンとこない方も居るかと思いますが、簡単に言うと「照明切って!」と言うと照明を消してくれるアレです。

 非常に興味深い機能ですが、日本で流行るかどうかはわかりません。

 こちらの製品は発売される3製品の中で最上位のものになるので、全ての機能が使いたい方やお金に余裕がある方は是非購入してみてください。

 「近未来的!」と思った方、それが今、現実で手に入る時代になりました。

まとめ

  • Echo ⇒ 一番標準なモデルでスマートホーム機能が不要な方がおすすめ!
  • Echo Dot ⇒ スピーカーの性能は落ちるが(外付可能)、コンパクトサイズが良い方におすすめ!
  • Echo Plus ⇒ 全機能が使用してみたい方におすすめ!
  • Echo Dotは小型で様々な利用方法が考えられる!
  • Echo Plusのみスマートホームに対応!
初心者向け

  • 迷ったら最上位モデル(Echo Plus)を購入しておくと後悔しない!
  • 置き場所がなかったり、大きいものは必要ないという方はEcho Dotが良い!
  • 初めてのスマートスピーカーなら標準のEchoでも良いかも!
  • スマートホーム対応なのはEcho Plusのみなので注意!

 以上、「Amazonのスマートスピーカー「Echo」が日本上陸!」 でした!

 非常に画期的で興味深い製品なので、是非お一つ購入してみてはいかがでしょうか!

 その他不明な点などあればコメント欄にお書きください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。